トピックス

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
3月2日 6年生奉仕作業
2018/03/05

6年間、お世話になった学校に感謝の気持ちを込めて、6年生が奉仕作業を行いました。サッカーゴール脇に積まれた山砂を一輪車とスコップ等を使って、運動場のくぼみに運び、均していきました。全員が黙々と作業をしました。2時間の作業の後には、山になっていた砂はすっかりなくなり、運動場がきれいに整地されていました。6年生の気持ちが伝わってくる奉仕作業でした。

お別れ遠足
2018/02/26

2月23日(金)6年生がナガシマスパーランドにお別れ遠足に行きました。雨の心配もなく、そんなに寒くもなく、子どもたちは気持ちよく一日過ごすことができました。来場者も思ったよりも多くなく、子どもたちはあまり待つこともなく、たくさんのアトラクションを楽しむことができました。解散をしてから、帰りの集合まで一度も出会うことがなかった子どもたちもいましたが、それぞれが思い思いに楽しんだようです。集合時間にもみんなきちんと笑顔で集まることができました。成長を感じました。とても楽しいお別れ遠足になりました。でも、6年生の小学校での行事も残り少なくなり、少しさびしくなりました。

お別れ給食
2018/02/23

卒業を前に、縦割り班で6年生といっしょに給食を食べ、和やかな時を過ごすことを目的に、お別れ給食を行いました。1年生から5年生が書いた色紙も6年生に手渡しました。5年生が中心となり、6年生に楽しんでもらうための催しも考えました。どの教室からも楽しそうな笑い声が聞こえてきました。

6年生を送る会
2018/02/23

20日(火)に今までお世話になった6年生に楽しんでもらおうと、準備や司会など、5年生が中心となって「6年生を送る会」を行いました。まず、みんなでドッジボールを楽しんだ後、1年生から5年生までが、音楽演奏や劇、朗読などの発表を6年生に見たり、聴いたりしてもらいました。どの学年もこれまでの6年生の活動に対して、感謝の気持ちが表れる温かい集会になりました。だんだんと卒業式が近づいてきました。

2月9日(金) 5年生調理実習
2018/02/14

「校長先生、調理実習でごはんとみそ汁を作ったので家庭室に食べに来てください。」5年生の女子が呼びにきてくれました。階段を3階までのぼると、どこからともなくおいしそうなにおいがただよってきました。テーブルの上にはとてもきれいなおみそ汁と、少しこげのあるごはんが置かれていました。「いただきます。」とってもおいしくいただきました。ごちそうさまでした。「この食器はどうしたらいい?」「わたしたちが洗います。そのままにしておいてください。」その様子がとてもお姉さんらしく見えました。きっと来年は最上学年としてがんばってくれると思いました。

2月9日(金) なかよし集会
2018/02/13

2月9日(金)に全校なかよし集会を行いました。なかよし集会の目的は次の4つです。
○割り班なかよし集会を通して、異学年間の友情を深める。○高学年は低学年のことを考えて行動することを通して、高学年としての自覚を高め、思いやりの気持ちを育む。○低学年は高学年になったときの心構えを学んでいく。5年生は来年度に向け、班をまとめながら行動する。○さまざまな遊びの体験を通して、縦割り班の子どもたちと楽しい時間を持つ。
 6年生が、卒業を前に全校児童に楽しんでもらおうと5つの遊び《@紙ちぎりのばし(1分間で紙をどれだけ長くちぎることができるか)A「の」の字さがし(新聞の中からできるだけたくさん「の」の字を見つける)B洗面器お手玉(並べられた洗面器にお手玉を投げ入れる)》を計画しました。Cわりばしダーツ(割りばしを目の高さから落とし、下に置いてあるペットボトルの中に入れる)Dぞうきんすり足20m(両足の下に雑巾を敷き、できるだけ速く走る)
体育館と理科室、児童会室、6年生教室を会場として使い、それぞれの場所で6年生が下級生に説明をしたり、運営をしたりしました。下級生は5年生を班長とした縦割り班で各会場を回りました。全員が楽しい時間を過ごすことができました。どの会場でもとても温かい子どもたちの姿がありました。集会の4つの目的を達成することができた子どもたちでした。

2月5日 正邦苑訪問
2018/02/07

3年生の子どもたちが、地域にある正邦苑を訪問しました。「パフ」という曲のリコーダー演奏、「とどけようこのゆめを」「ともだちになるために」「ふるさと」などの曲の合唱を聴いていただきました。「ふるさと」を発表しているときには、前で聴いてくださるお年寄りの方々も一緒に歌ってくださいました。その後、グループごとに「トランプ」「折り紙」「福笑い」を一緒に楽しみました。初めは緊張した様子が見えた子どもたちでしたが、時間が経つにつれてうちとけて、笑顔で接することができました。お年寄りのみなさんの笑顔もとても素敵でした。最後に、お年寄りのみなさんが毎日行っている体操をみんなでやることにしました。向かい合って、音楽に合わせて体操したのですが、子どもたちの飲み込みが早く、みんなびっくりされていました。事前に作っておいた手作りネックレスをプレゼントすると、とても喜んでくださいました。帰る時には、お土産もいただいた3年生です。とっても楽しく子どもたちとのひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。

5年生「茶の湯」体験
2018/02/05

先日の6年生(「ことの学習」)に引き続き、5年生が「茶の湯」の体験を行いました。講師として、伊勢茶道協会から高屋先生、清水先生、春木先生、平尾先生をお迎えし、茶の湯の歴史、作法、礼儀などを教わりました。お話を聞いた後には、実際に茶の湯の体験を行いました。おもてなしをする側とおもてなしをされる側に分かれて、和菓子を運んだり、お茶を点てたり、それをいただいたりしました。体験をする間は正座をするため、足がしびれて、顔をしかめる子ども達もいましたが、日本の伝統文化にふれることができ、みんな満足そうでした。最後に先生方に御礼を言うときに、みんなの背筋がピンと伸びていた姿が印象に残っています。

給食集会
2018/02/01

1月29日(月)の1限目に全校児童を対象にした体育・給食集会がありました。体育・給食委員さんの進行の下、体育や食に関係する○×クイズを行いました。縦割り班ごとに集合し、班で問題の正解について話し合いました。高学年が中心になり司会をし、みんなの意見をまとめていました。中にはとても難しい問題もあり、正解した班からは子どもたちの大きな歓声が上がりました。その後、栄養教諭の橋本真紀子先生から、野菜についてのお話がありました。給食の様子を見ていると、野菜が大好きな子どももいれば、苦手な子どももいます。特に、ピーマンやニンジンが苦手な子どもが多いようです。でも、今回のお話で、生活する上で、野菜はとても大事な食材であることがわかりました。子どもたちには、好ききらいをしないで何でもおいしく食べてほしいなあと思います。野菜の大切さを知ることができた今回の集会となりました。

4年生「高齢者疑似体験」
2018/01/25

 24日(水)の3限目、4限目に4年生が福祉についての学習を行いました。伊勢市社会福祉協議会から奥野さん、山本さんを講師にお招きし、福祉の意味について教えていただいたり、ユニバーサルデザインについて教えていただいたりしました。4限目は実際に教室を出て、おもり等を体につけ、高齢者の疑似体験を行いました。おもりだけでなく、耳が少し遠くなるように耳あてをつけたり、白内障の方の気持ちがわかるように、まわりが黄色く見えるゴーグルをつけたりして2人1組で移動しました。ほんの少しですが、子どもたちは高齢者の思いが理解できたようでした。貴重な体験をすることができた4年生でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -