バケツ稲を収穫し、脱穀しました

2022/09/26

 
 先週の金曜日、小俣土地改良区の水土里(みどり)プロジェクトさんより3名のゲストティーチャーをお迎えし、5年生がバケツで育てていた稲の脱穀を行いました。「足踏み脱穀機」や「とおし(もみとわらを選別する道具)」など、昔ながらの道具を持参していただき、とても丁寧に指導していただきました。一人ひとり自分の稲を脱穀しました。全員のもみを集めても1升あるかないかの量でしたが、とても貴重な体験で、子どもたちはお米1粒1粒を大切にすることについて深く学ぶことができました。
 今後、もみすりも行う予定です。


 




運動場での鼓笛練習

2022/09/22

 
 昨日(21日)、運動場で鼓笛練習を行いました。いつもは、体育館の中で、隣の人の音を聴きながらの練習でしたが、今回は屋外ということで音が分散してしまい、なかなか合わせることができませんでした。他の人が奏でる音をしっかりと聴き取って、曲を完成させていく必要があるようです。「人と合わせることの大切さ」について学ぶ良い機会になったように思います。
 これからも、しっかりと練習をして、運動会・伊勢まつりで最高の演奏をしてほしいと思います。保護者・地域の皆様、是非、子どもたちの鼓笛を楽しみにしていてください。




運動会の全体練習

2022/09/20


先週の木曜日と本日、運動会の全体練習を行いました。先週は、開会式・閉会式、準備体操の練習、本日は、全員競技「大玉コロコロ」のチーム確認や並び方・掛け声の練習を行いました。前で説明する先生の話にしっかりと耳を傾け、一生懸命練習する姿がとても素敵でした。ただ、台風の影響で風が強く、実際に大玉を転がす練習ができなかったことが残念でした。
 本番の運動会まで、2週間弱となりました。当日、最高の演技が見せられるよう、子どもたちは精一杯がんばっています。
 




教育実習生がやってきました

2022/09/15

 本日、皇學館大学より教育実習生がやってきました。約2週間、3年生の学級で、子どもたちとの授業や遊びなどいろいろなことを体験していただく予定です。3年生の子どもたちは、朝からワクワクしていて「大きな転校生どこ?」という声が廊下に響いていました。
 朝の会で担任の先生が実習生に「9月30日までですが、10月1日の運動会、都合がつけば来てください。」というと、子どもたちは即行で「来て来て」とお願いをしていました。でも、担任の先生が「大事な用事があるかもしれんやろ。都合があったらきてもらいましょう。運動会来たいなぁって思えるような2週間にしよう。みんなの腕の見せ所やで。」っていうと、子どもたちは納得したようで、うんうんとうなずいたり、腕をたたいたりしていました。とても温かい雰囲気でした。

 




場面に応じた言葉遣い

2022/09/13

 昨日、6年生の国語の授業で「場面に応じた言葉遣い」について学習をしていました。本を借りたいとき、相手が友だちだった場合、目上の人だった場合、それぞれふさわしい表現方法について、シミュレーションを交えながら、考えていました。目上の人だった場合のシミュレーションには授業を参観していた校長も飛び入りで参加させてもらいました。「貸していただけませんか?」「お借りしてもいいですか?」と、上手に表現することができていました。
 TPOに応じた言葉遣いは、とても難しいものです。こういう学習を通して、子どもたちは社会性を身につけていくのだということが実感できる授業でした。

 

TOPページ前ページ次ページ

-Topics Board-Skin by Web Studio Ciel- Admin

× 閉じる