トピックス

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
11月21日(水)の給食
2018/11/21

今日の給食は、むぎごはん,牛乳,ちくわのパンこやき,だいこんとこんぶのにもの,みかんです。
今日の給食は「大根と昆布の煮物」があります。
昆布は、海藻のなかまです。
周囲を海で囲まれた日本は、古くから海藻を食べる習慣がありました。3000年以上前から、昆布が採られ、食べられていた歴史があります。
昆布は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルや、食物繊維がたっぷり含まれています。そして料理に無駄なく使えるところも特徴です。たとえば、昆布で「だし」をとったあとは、角切りや細切りにして佃煮、酢の物、和え物にすることができます。
海外では昆布自体がとても珍しいもので、ほとんど食べられることがありません。昆布から栄養をとることができる体質なのは、古来より昆布を食べてきた日本人の特徴だそうです。

11月20日(火)の給食
2018/11/20

今日の給食は、むぎごはん,牛乳はるさめとぶたにくのピリからにひじきのちゅうかサラダです。
今日の給食は「春雨と豚肉のピリから煮」があります。
日本で、もっとも多く食べられている肉は、豚肉だそうです。豚肉は、スタミナ回復効果があります。そのため、疲れた体を元気にしてくれるはたらきがあります。にんにくと一緒にたべると、体を元気にしてくれるパワーがさらにつよくなります。今日は、豚肉を料理するときに、にんにくをつかって香り付けをしています。
寒くなってきて、体調を崩している人はいませんか?給食が食べにくくなる人もいるかもしれません。元気を回復するために、すこしずつがんばって食べましょう。
今日の春雨と豚肉のピリから煮に使われているねぎは、伊勢市豊浜地区で採れたもので、伊勢市農林水産課より提供されました。

11月19日(月)の給食
2018/11/19

今日の給食は、むぎごはん,牛乳,かつおとだいずのねぎソースかあえ,こふきいも,かきたまじるです。
今日の給食は「かつおと大豆のねぎソースあえ」があります。
いつも給食に使っている「青ねぎ」は、伊勢市の東豊浜町・西豊浜町・東大淀町・村松町を中心に育てられています。
伊勢市では青ねぎを一年中育てています。そして、伊勢市は三重県の中でも一番多く青ねぎを育てている地域で、大阪や名古屋などの市場にたくさん送っています。
「青ねぎ」には、独特の香りがありますが、あの香りのもとの成分には、ビタミンB1を体に取り入れやすくする働きがあります。ビタミンB1を体に取り入れると、疲労回復や風邪の予防、食欲の増進などに効果があるといわれています。
ねぎは気温が低くなってくると、甘みや風味がさらに増します。これから冬になって特においしくなってきます。伊勢市で採れた、栄養たっぷりの青ねぎをたくさん食べて、冬の寒さに負けない強い体を作りましょう。

11月16日(金)の給食
2018/11/16

今日の給食は、スパゲティミートソースかけ,牛乳、ツナサラダ,みかんゼリーです。
今日の給食は「スパゲティミートソースかけ」があります。
スパゲティは、イタリア語で「ひも」という意味です。ひものような長い麺をつかったイタリア料理です。
代表的なスパゲティの料理は、スパゲティを玉ねぎ、ピーマン、にんじんなどとケチャップでいためた、ナポリタン。生クリームと卵をまぜてソースをつくるカルボナーラ。他にも魚介類とトマトソースで作るペスカトーレ、にんにくと唐辛子を使ったペペロンチーノなど色々な味が楽しめます。

11月15日(木)の給食
2018/11/15

今日の給食は、むぎごはん,牛乳、にくじゃが,いそかあえです。
今日の給食は「いそかあえ」があります。
いそかあえに入っているちりめんじゃこは、イワシ類の稚魚を食塩水で煮た後、天日などで干した食品です。ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわをもつ絹織物の「ちりめん」を広げたように見えることからこの名前がついたといわれています。
魚そのものはしらすといい、成長にともなって【しらす】は【ちいか】【かえり】【じゃこ】【いわし】と呼び名が変わっていきます。
ちりめんじゃこは、牛乳と同じで、カルシウムを多く含んでいます。

11月14日(水)の給食
2018/11/14

今日の給食は、むぎごはん,牛乳、とりのあげに,ゆでキャベツ、ミニトマト,きんぴらごぼうです。
今日の給食は「きんぴらごぼう」があります。
きんぴらごぼうは、細かく切ったごぼうを甘辛く調味し、仕上げに唐辛子をふった炒め煮ですが、なぜ “きんぴら”と呼ばれるようになったのでしょうか?
実は、「金太郎」と関係があります。
「子どもの日」に飾られる武者人形でおなじみの“金太郎”ですが、金太郎とは坂田金時(さかたのきんとき)という人物の子どもの頃の呼び名です。昔話でも知られるように、熊にまたがったり、相撲をとったりと、とても力持ちだったと言われています。
そして、この坂田金時の息子が、坂田金平(さかたのきんぴら)といいます。金平は世にも稀な力持ちで、金平に勝てる者はいないとされ、“きんぴら”=“強いもの”のたとえとなりました。
ごぼうは、根がまっすぐに深く入ることから、「家の基礎が堅く丈夫でありますように」と願いをこめておせち料理にも使われています。丈夫で強いというイメージで、もちろん歯ごたえも強い野菜です。きんぴらごぼうを食べて、強い体を作りましょう。
今日のきんぴらごぼうに使われているねぎは、伊勢市豊浜地区で採れたもので、伊勢市農林水産課より提供されました。

11月13日(火)の給食
2018/11/13

今日の給食は、キムチチャーハン、牛乳、わかめの卵とじスープ、ヨーグルトです。
今日の給食は「キムチチャーハン」があります。
キムチは韓国の漬物ですが、ただおいしいだけじゃありません。体に良い効果がたくさんあります。キムチは発酵食品なので、乳酸菌がたくさん含まれています。乳酸菌といえばヨーグルトを思い浮かべる人が多いと思いますが、キムチにもヨーグルトと同じくらいの乳酸菌が含まれています。乳酸菌は、お腹の働きを整えくれる効果があります。さらに、材料に野菜がたくさん使われているので、ビタミンが豊富です。
疲れや夏バテで食欲がない時は、トウガラシにふくまれているカプサイシンが胃を刺激し食欲をそそります。

11月9日(金)の給食
2018/11/09

今日の給食は「豚肉のアングレーズ」があります。
アングレーズとは、フランス語で「イギリス風の」という意味です。主に、小麦粉、溶き卵、パン粉、バターを使って焼いたり、揚げたりした料理のことをいいます。フランス語ですが、イギリスでもこう呼ばれているそうです。
給食では、下味をつけた豚肉に、片栗粉をつけて揚げ、たれをからめてパン粉をまぶして仕上げています。炒ったパン粉がサクサクしていて、食感も楽しめる料理です。

11月8日(木)の給食
2018/11/08

今日の給食は、チキンカレーライス、福神漬、牛乳、りっちゃんのサラダ
今日の給食は「りっちゃんのサラダ」があります。
りっちゃんのサラダとは、1年生の国語の教科書に出てくる、「サラダでげんき」というお話の中に登場するサラダです。
キャベツ、人参、きゅうり、ベーコン、コーン、かつお節、昆布、ミニトマトが入っています。
かつお節と昆布をサラダに入れるのはめずらしいですね。この2つは「うま味」になるので、料理をおいしくしてくれます。

※りっちゃんのサラダとは、小学校1年生の国語の教科書にでてくる「サラダで げんき」のお話にでてくるりっちゃんが、病気のおかあさんに作ったおいしくて、元気になるサラダです。

11月7日(水)
2018/11/07

今日の給食は、麦ごはん、牛乳、すき焼き煮、切り干し大根の胡麻和えです。
今日の給食は「すきやきに」があります。
すきやきは、火にかけたすき焼き鍋にあぶらを引いて肉を焼き、これに砂糖・醤油・酒などをかけて味を付け、さらにねぎ、春菊、白菜などの野菜や豆腐、糸コンニャクといった具を加え煮るという料理です。
「すき焼き」という名前について、お好みで好きなものを入れるので、「好き焼き」だと思っていませんか?
すき焼きの語源は、もともと江戸時代に農民達が農作業中にお腹が減ると、鋤〔すき〕という農具の金属部分を鉄板の代わりにして、魚や豆腐を焼いて食べたことから「鋤焼」と呼ばれるようになりました。この他にも、薄く切った肉を意味する「剥身〔すきみ〕」から「剥き焼き」となったとする説もあります。
すき焼きは、地域や家庭によって、作り方や使う肉の種類が違う料理です。みなさんのおうちでは、どのように作りますか?

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -