トピックス

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
12月20日(木)
2018/12/20

今日の給食は、むぎごはん,牛乳,とりのうまに,ゆでやさい,かぼちゃのみそしるおこめdeクリスマスケーキです。

12月19日(木)
2018/12/19

今日の給食は、チャーハン,牛乳,ちゅうかスープ,みかんです。

12月18日(火)の給食
2018/12/18

今日の給食は、チキンカレーライス,ふくじんづけ,牛乳,れんこんサラダです。

12月17日(月)の給食
2018/12/17

今日の給食は、むぎごはん,てづくりつくだに,牛乳,さばのたつたあげ,こふきいも,だいこんのおかかにです。

12月14日(金)
2018/12/14

今日の給食は、あげパン,牛乳,ぶたにくのこうちゃに,ゆでやさい,キャベツスープです。

12月13日(木)の給食
2018/12/13

今日の給食は、むぎごはん,牛乳,こうやどうふのたまごとじ,きりぼしだいこんのわふうサラダです。
今日の給食は「切干大根の和風サラダ」があります。
きりぼしだいこんは、大根をかわかしたものです。秋のおわりから冬にかけて収穫した大根をほそく切り、太陽の下に広げて、かわかします。きりぼしだいこんは、太陽の光をあびることで、甘みがぐんと増します。天日干しすることで生の大根にはない栄養素も含まれるようになり、生の大根に比べてカルシウム、鉄分ビタミンB1、ビタミンB2などがたくさん含まれ、栄養価も高くなっています。じつは、とても栄養のある食べ物です。
今日は、和風の味付けで、和え物にしました。

12月12日(水)
2018/12/12

今日の給食は、むぎごはん,牛乳,ひじきいりとりつくね,ミニトマト,みそけんちんです。
今日の給食は「ひじき入り鶏つくね」があります。
鶏や豚などのひき肉に調味料を加えて練り、団子状にしたものを「つくね」といいます。「つくね」は、こねて丸めるといった意味をもつ、「つくねる」から来た言葉です。調味料やつなぎを加えてこね、形を整えます。油であげたり、焼いたり、加熱の仕方はいろいろです。
似たような料理で、魚のすり身で作る「つみれ」というものもありますね。「つみれ」は、摘まみ入れるという言葉が変化したものだといわれています。調理したものを、手でつまみ、熱湯や汁物へ入れて、ゆで上げて作ります。
今日は鶏のひき肉にひじきとごぼうを練りこんだ「つくね」です。

12月11日(火)
2018/12/11

今日の給食は、むぎごはん,牛乳,いわしのかんろに,じゃがいものにもの,みかんです。
今日の給食は「いわしのかんろに」があります。
いわしは、味がよく、栄養もたっぷりな魚です。日本人には、なじみ深い魚です。まいわしは、体の表面に7つくらいの黒い点があり、7つ星ともいわれます。
漢字では「魚へんに弱い」と書きますが、語源の意味は鮮度が落ちやすいということと、鰯のような小さな弱い魚は大きな魚から身を守るために群れをなして行動するからといわれています。
平安貴族の紫式部も、いわしが大好物だったそうです。いわしには、頭の働きを良くする成分が含まれているので、たくさん食べてほしい食材です。
今日は「かんろに」といって、いわしを弱火でじっくり煮てあります。骨までやわらかくなっているので、骨ごと食べられます。

12月10日(月)
2018/12/10

今日の給食は、しぐれにごはん,牛乳,あらめのにもの,こまつなのすましじるです。
今日の給食は「あらめの煮物」があります。
あらめは、こんぶの仲間の海藻です。伊勢志摩では、昔からあらめがお供え物として伊勢神宮に献上されており、かつてはうすで砕いて魚や野菜と煮て食べる習慣があったそうです。全国に流通しているあらめのほとんどは、鳥羽、志摩を中心とした海で夏場に採取されたものを、県内で「葉あらめ」や「刻みあらめ」に加工したものです。
7月から9月に海女さんが海で採取をして、あらめを採取している町の海岸には、あらめがところ狭しと天日干しされ、夏の風物詩となっています。

12月7日(金)の給食
2018/12/07

今日の給食は、ツナカレースパゲティ,牛乳,ブロッコリーサラダです。
昭和19年12月7日は、三重県に大きな被害をもたらしたの昭和東南海地震の日、この日を「みえ地震対策の日」と定められています。
本日の給食は、非常食として保存されているカレーを使ってのスパゲティです。子どもたちでレトルトパックを開けてスパゲティにかけて食べました。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -