青森りんごの出前授業
2020/01/21
近年、全国的に果物の摂取量が減少しているそうです。そこで、小さなころからりんごに親しんでもらおうと、中部地区青森りんごの会の皆さんが、3・4年生を対象に出前授業をしてくださいました。
全国のりんご生産量の57%を青森県がしめ、50種の品種が栽培されているそうです。そのうち、10種類以上のりんごを見せてもらいました。また、試食もさせていただいて、みんな大喜び、お土産もいただきました。子どもたちからは、たくさんの質問が出て、今日の授業をきっかけに、子どもたちにとってりんごは、「特別なもの」になったことでしょう。ご支援いただいた、青森県情報センター下田様、伊勢山田青果の皆様、ありがとうございました。

なかよし☆キッズで遊ぼう
2020/01/17
 なかよし☆キッズは、6班に分かれて活動しています。1班14人または15人で構成しています。今日は、昼休みを利用して運動場で遊びました。
ドッジボールや、鬼ごっこ、けいどろ、大なわとび、班のみんなが楽しめそうな内容を、6年生が考えてくれました。ボールを受けては、小さな子に渡す高学年。みんながリーダーを経験し、メンバーをまとめる力をつけていける、これぞ大湊小学校の良さ。外は寒かったけれど、心も体もホッカホカ!!

閉校記念誌への掲載のための昔の卒業写真等の借用のお願い
2020/01/09
大湊小学校は明治7年に創立され、今年度で145年目となります。ご承知のこととは思いますが、大湊小学校は令和3年3月で閉校となり、神社小学校と統合されます。閉校にあたり、記念行事等を行う予定をしておりますが、その中で「記念誌」を刊行したいと考えております。「記念誌」には、大湊小学校のこれまでのあゆみ等がわかるものにしたいとのことから、「卒業写真」も載せていくことができたらと考えています。昭和49年度卒業生の方々の卒業写真から昨年度の卒業写真までは小学校に保管されておりますが、それ以前の写真がありません。もしお持ちの方がございましたら、大湊小学校までお知らせいただけるとありがたいと思います。また、学校に関わる昔の写真でぜひ載せてはどうかという写真もありましたらご一報いただけるとありがたいと思います。なお、ご提供いただいた写真は、データとして保存させていただいた後、返却させていただきます。なお、ご提供いただいた写真も編集の都合上、掲載させていただけない場合もありますので、あらかじめご了解いただきますようお願いいたします。
1.提供いただきたい写真
・昭和49年度以前の卒業写真
・「記念誌」に掲載したほうがよいと思われる写真 等
2.連絡先
 大湊小学校 教頭または校長まで
 (TEL.0596−36−4564)

保健室から
2020/01/09
年が明け、保健室の掲示板には、「健康かるた」が登場しました。
 ☆し 習慣づけよう 健康生活
 ☆と どんな食べ物も 好き嫌いせず
 ☆み 短い時間でも 毎日運動
 ☆す ずっとキープだ 生活リズム
 ☆ね 寝る子は育つ しっかり睡眠
 子どもたちも立ち止まっては、読んでいます。
 楽しみながら、意識づけ。
 最後は健康おみくじで 運試し!!

新年を迎えて 〜授業再開〜
2020/01/07
令和になって、初めての年明けを迎えました。希望や目標をもって新たなスタートがはじまります。学校には、絵具セットや鍵盤ハーモニカなどたくさんの荷物と、冬休みの楽しい思い出をいっぱい抱えた子どもたちが戻ってきました。
1月のことを睦月(むつき)と呼びますが、語源として睦び月(むつびつき)から転じたという説があります。仲良くすること、仲睦まじいこと、親しみ合うことを意味し、正月に家族や親族が集まり、親しみ合う宴を行う月であることが由来のようです。一家団らん、こたつを囲んで談笑したり、ミカンを食べたりなど、家族の幸福感を感じるひと時が、たくさんあったことが子どもたちの笑顔からわかりました。
 集会では、休み前の3つの約束について、子どもたち聞いてみました。1 家族の一員としてお手伝いをする。2 苦手なところの克服や、宿題など勉強をしっかりする。3 安全・安心に過ごせるよう努めて、1月7日に元気に学校へ戻ってくる。1の手伝いについては、高学年を中心にたくさんの子どもたちが取り組めたようです。手伝いをして家族が喜んでくれたことが、きっと子どもの喜びとなり自信となったことでしょう。
 今年も大湊小学校の一人ひとりが元気に輝くよう、教職員一同で指導に当たっていきたいと思います。昨年同様に、保護者・地域の皆様方にはお力添えをよろしくお願い申し上げます。

冬休みの学校図書館開放
2019/12/25
冬休みも、生活リズムを崩さず、有意義に過ごせるようにと
5日間だけ学校図書館を開放します。初日の今日は、7人が来室しました。
30分読書をした後は宿題をやる子、読書ツアーの本を読み進める子 、自分の好きな本をいろいろ選んで読む子など、活用の仕方はさまざまですが、共通しているのは、どの子も楽しそうということ。今年のノーベル化学賞を受賞した吉野彰教授は、小学校の時に出会った「ロウソクの科学」という本がきっかけで、化学の道に進んだというのは、有名なお話。読書が、子どもたちの興味・関心を広げるきっかけになればと思います。

いよいよ冬休み!よいお年を!
2019/12/23
明日から1月6日(月)までの間、冬休みに入ります。
 集会では、元気よく校歌を歌いました。校長からは今年の漢字と題し、各学年の子どもたちの頑張りを称え、漢字一文字に込めて話をしました。1年生は「気」2年生は「楽」三年生は「団」4年生は「実」5年生は「言」6年生は「誇」です。また、「冬休みの生活について」生徒指導から大切なことを投げかけ、みんなで確認し合いました。
 保護者の皆様方、地域の皆様方のご支援により、令和元年を無事に終えることができそうです。ありがとうございました。新年には、元気な子どもたちに会えるのを楽しみにしています。よいお年をお迎えください。

親子でサイエンス
2019/12/22
12月22日、PTA本部主催の「おもしろ理科実験」を、理科室にて行いました。泉勝人先生を講師にお迎えし、久住PTA会長さんがアシスタントを務めてくださいました。テーマは、「空気」です。親子合わせて50名が、時間の経つのも忘れて、理科実験の面白さを味わうことができました。また、『エコーマイク』「ふきとぶ紙」「マジカルステッキ」の理科工作にも挑戦。ただ作るだけでなく、なぜそうなるのかも理解することができました。参加者からは、次は「水」のテーマでお願いしますと、早速リクエストがありました。

人権集会 〜友だちとなかよくなるために〜
2019/12/10
12月10日、児童会主催の人権集会を行いました。今年のテーマは、「友だちとなかよくなるために・・・」各クラスで、自分達のクラスの課題やこうありたい姿を出し合い、どのように行動していくと良いかを考え、全校のみんなに向けて宣言しました。また、全校児童への「今までに、言われてうれしかった、やさしい言葉」アンケートの第1位が発表されました。それは、「ありがとう」。最後に児童会役員と6年生有志による「こんな場面でこんな言葉を」の劇では、身近な学校生活の中で「おまたせ」「○○さんのおかげ」「たすかったよ」「たよりになるね」など、場面に応じたすてきな言葉の使い方が紹介されました。
子ども達が自分達で創りあげた人権集会、今日に至る過程こそが、大切な人権学習であったと感じています。

高齢者通所センター「いこい訪問」を訪問
2019/12/9
2年生とB組のみんなが、地域の高齢者通所センター「いこい」を訪問しました。
6月くらいから計画し、練習を重ねてきた手話を交えた歌や、ダンス、手品などを披露して、地域のおじいちゃん、おばあちゃんから、大きな拍手をいただきました。「手のひらを太陽に」では、子ども達の歌に合わせて、おばあちゃんたちも、手をたたいたり、足を鳴らしたり、本当に楽しそう。最後に子ども達から芋のつるで作ったリースをプレゼントすると、お返しに手作りのお守りと文房具など、たくさんのお土産をいただきました。おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとうございました。いつまでもお元気でいてください。

九九を唱えよう
2019/11/26
2年生教室では、休み時間でも九九を唱える声が聞こえてきます。表を見て声に出して唱える子、合格を目指して、先生に聞いてもらう子。15秒の壁を破るためには、1回たりとも間違えることはできません。16秒で悔しがる顔、やっと合格して嬉しそうな顔、でもみんな楽しそうです。「九九を制する者は、算数を制する」というくらい、これからの小学校で学習する算数の大切な基礎となります。2年生のみなさん、がんばってください。

もうすぐ12月
2019/11/26
子どもたち制作した昇降口の壁面画が、12月バージョンになりました。テーマは「クリスマスの風景」1軒1軒心を込めて描いた家には、折り紙で折った靴下が飾られていて、子どもたち一人一人の願いが書かれています。サンタさんが大きなプレゼントをもってトナカイのそりに乗って子どもたちの元へ向かいます。見ているだけで、みんなの心が温まり、幸せな気持ちになれるそんな素敵な作品です。

大湊町防災訓練2
2019/11/26
運動場では、水消火器による消化体験、消火栓の使用方法、煙体験、地震体験、エアーストレッチャー体験、浄水器の使用方法など様々な訓練もありました。そして、11時からは、児童の引渡し訓練を実施し、引渡し後は、保護者と一緒に非常食のカレーの炊き出しや、皇學館大学の学生の防災クッキング等に参加しました。
 振興会をはじめ各関係機関の皆様、大変お世話になりありがとうございました。

大湊町防災訓練1
2019/11/26
11月24日(日)、大湊町振興会、地域企業鈴工、日本赤十字社三重県支部、皇學館大学、本校との連携で地域をあげての防災訓練を実施しました。南海トラフに係る地震・津波の発生に対して、どのように命を守るかなどについて改めて考える機会となりました。
 低学年は、「まもるいのち ひろめるぼうさい 風水害」をテーマに、赤十字社の先生のお話を聞きました。高学年は、三角巾を使った応急処置について実技指導を受け、救急法リレーにも挑戦しました。

歯科保健指導
2019/11/21
今日は、本校の歯科医である杉原先生と、三重県歯科医師会から来たくださった2名の歯科衛生士さんが、1・2年生を対象に歯科保健指導をしてくださいました。歯と口の役割やプラークが菌のかたまりでむし歯の原因になること、食事やおやつをダラダラ食べていると口腔内が酸性に傾き、むし歯になりやすくなることなどをわかりやすく教えていただきました。また、歯みがきの実技指導では、前歯の裏側や第一大臼歯の磨き方を丁寧に指導していただきました。磨いた後の歯を舌で触ってみた子どもからは「ツルツルや」ときれいに磨けたことを実感している声もありました。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel