おはようございます
2020/10/01
6時半の起床でしたが、みんな布団の片付けや荷物の整理を済ませて、部屋でくつろいでいます。発熱や体調不良もなく元気です。7時半からの朝ご飯が待ち遠しいようです。

夕飯をいただきます
2020/09/30
広いお部屋で全員前を向いてお膳を準備していただきました。大きなハンバーグやすき焼きもあります。いっぱい動いてお腹もすいて、おかわりいっぱいしています。

忍者の修行は厳しい
2020/09/30
運動神経の良い6年生は、登り術修行や飛猿修行、侵入術修行、歩法横歩き修行等、難しい修行にも意欲的に挑戦していきました。仲間が成功すると自然に拍手が湧き上がります。最後に、健闘をたたえ、免許皆伝の書をいただきました。

忍者に変身
2020/09/30
赤目に到着しました。みんなで忍者に変身!!

昼食は豪華なお弁当
2020/09/30
青蓮寺湖に面したレークホテルでお昼のお弁当を食べました。豪華なお弁当の中身に大喜び!完食の子がたくさんいました。食後のデザートは、少し歩いてぶどう園でスチューベンという甘くて大粒のぶどうを食べました。別腹という言葉がありますが、いくらも入るようです。ごちそうさまでした。

俳聖殿と伊賀流忍者博物館
2020/09/30
だんじり会館を見学した後、忍者博物館で伊賀忍者とくノ一の歓迎を受けました。一人一回の手裏剣投げを体験して、手裏剣の秘密についても教えてもらいました。最後に、松尾芭蕉の旅姿をあらわす俳聖殿の前で記念撮影。ここで伊賀を出て名張に向かいます。

伊賀組紐体験
2020/09/30
伊賀の伝統的工芸品である組紐体験を廣澤徳三郎工房で行いました。3代目である伝統工芸士のご主人さんから手ほどきを受け、30分で素敵なキーホルダーが出来あがりました。子ども達はのみこみが早いと誉めていただきました。世界に一つだけの作品です。

上野城に到着しました
2020/09/30
藤堂高虎が築城した立派な上野城。子ども達は天守閣に登って伊賀の町並みを眺めました。高虎の兜をしっかりみました。お天気も良くて最高です。

修学旅行に出発しましたわ
2020/09/30
6年生、13名が元気に修学旅行に出発しました。朝早くから保護者の皆さんが見送りに来てくださいました。バスの中では朝の会が始まりました。昨夜は、ワクワクして眠れなかった子もいるようです。安全第一に行ってきます。

大湊町避難所巡り
2020/09/29
今日は、社会見学として1年から5年生が町内の避難所を歩きました。もしもの時に、自分がいる場所からどの避難所が近いのか?実際に行ってみることはとても大切なことです。避難タワーでは振興会の本村会長さんと楠木副会長さんと岡野副会長さんが町の防災の取り組みについてお話してくださいました。倉庫の中も見せてもらって水や食べ物、トイレのテントなど様々な準備を知りました。今日は家族で避難について是非話し合ってください。

三重とこわか国体・三重とこわか大会を「花いっぱい運動」で盛り上げよう!!
2020/09/28
本校では三重とこわか国体・三重とこわか大会の市実行委員会による「花いっぱい運動」に参加しました。プランターの花の育成・設置を行うことで、市民へのPRと機運醸成を図ることが目的です。プランターと土、そしてきれいな日日草が学校に到着し、環境整備委員会の子どもたちが今日の昼休みを使って丁寧に植えてくれました。選手のみなさんの活躍をお祈りして大切に育てていきましょう。

後期児童会役員立候補者立会演説会
2020/09/24
今日は、大湊小学校最後の児童会役員を決める立会演説会と選挙がありました。
4年生以上39名に選挙権と被選挙権があります。会長に2名、副会長に6名、書記に4名が立候補。4年生が2名、5年生が4名、6年生が6名です。信任投票を出さない、結果ではなく「最後の大湊小学校を楽しくしていきたい。思いやりのある学校にしたい。元気な学校にしたい」そんな強い思いをもって挑戦している子どもたちばかりです。そしてなによりうれしいのが、演説を聞いている子どもたちの姿。話す人の顔を見て静なそして真剣な表情は、立候補した仲間への最高のエールです。感動しました!!

歯科検診
2020/09/17
今日は、学校歯科医の杉原先生による歯科検診がありました。本校では、ここ数年養護教諭を中心に家庭と連携しながら、歯磨き指導に力を入れています。給食後は、全校で歯磨きを行い、杉原先生が、定期的に派遣してくださる歯科衛生士さんから、正しい歯磨きを指導していただいています。その成果は?う歯(むし歯)保有率に改善の兆しが!!なんてうれしいことでしょう。歯みがきは健康はもとより基本的生活習慣の定着にもつながります。継続は力なりですね。

みんなで靴飛ばし
2020/09/15
昼休みに、児童会の声かけで有志による靴飛ばしをしました。広い運動場に両手を広げて距離をとります。低学年と高学年に分かれてしました。3回ずつ挑戦できましたが、思いのほか難しい。頭の後ろに飛んでしまうこともあります。測定が終わるとケンケンで自分の靴を回収。みんな楽しそうでした。

紙飛行機を飛ばそう
2020/09/14
児童会が、昼休みに「紙飛行機大会」を開いてくれました。出たい人は、自慢の紙飛行機をもって渡り廊下に並びます。密にならないように体育館への入場制限があります。一度に2回まで飛ばすことができ、赤い線を越えると、付箋で印をつけます。終わると外に出て、また並ぶこともできます。短い時間で何度でも挑戦できるように工夫されていて、ルールが参加者目線でよく考えられていました。そして、何よりいいのが参加する子どもたちのマナーです。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel