ご卒業おめでとうございます
2019/03/19
3月19日、第139回大湊小学校の卒業式が行われました。9名の卒業生のために、伊勢市環境生活部長様をはじめ、たくさんの来賓の方々がご臨席くださいました。卒業生一人ひとりが、中学校に向けての決意や、小学校での思い出を述べ、しっかりと卒業証書を受け取りました。また、呼びかけや歌「最後のチャイム」では、長い言葉や歌詞を自分のものとして、全力で語り歌う姿に、その場にいるみんなが感動させられました。全校児童のあこがれであり、お手本であり、最高のリーダーだった卒業生のみなさんの明るく幸せな未来に心からエールをおくります。

卒業までのカウントダウン 保健編
2019/03/15
養護の先生が卒業間近の6年生のために準備してくれたクイズが、保健室前の掲示板に登場しました。
@「6年間で動いた心臓の回数」A「6年間でのびた髪の毛」B「6年間ではえかわった歯の本数」C6年間の給食で飲んだ牛乳の量D6年間でねむっていた時間E6年間でのびたつめF6年間でいきをした回数G6年間でちょうせんしたこと 学んだこと 考えたこと
 さて、答えは?
@およそ2億5千万回 Aおよそ72cm Bおよそ20本 Cおよそ240リットル(おふろのよくそう1杯分)Dおよそ2年3ヶ月 Eおよそ21cm Fおよそ60万回 Gたくさんあったね!!答えはみんなの心の中に・・・


卒業式の練習始まる
2019/03/06
3月に入り卒業式の練習が始まりました。本校は1年〜5年生まで在校生全員で卒業生を送ります。各学年が、6年生との思い出を呼びかけにし、感謝の気持ちを伝えます。そして、身体を揺らして、心をこめて「世界がひとつになるまで」を歌う姿から、その思いの強さが伝わってきます。今は、在校生と卒業生は別々に練習しています。6年生は、長い、長い呼びかけを考え、9人で分担。覚えるだけでもたいへんです。どんな時でも「力一杯がんばる」のが6年生の真骨頂。
「なかよく・かしこく・たくましく」全校のみんなで卒業式までの残り少ない日々を、大切に過ごしていきましょう。

「六年生を送る会」
2019/02/26
今日の2・3限目に、5年生が中心となって「6年生を送る会」を開きました。初めに、なかよし☆キッズの縦割り班対抗で「こおりおに」と「しっぽとり」を行いました。1年〜6年というと、体力差も大きいように思いますが、上の子が上手に下の子をフォローしていて、みんなの笑顔で楽しむ様子がとても素敵でした。次に、各学年の代表の贈る言葉と、1〜5年生が書いたメッセージカードが6年生にプレゼントされました。そして、手作りくす玉が割られると、大きな拍手と歓声が沸き起こりました。6年生からは、合奏「オールウェイズ 三丁目の夕日」と、歌「あとひとつ」のお返しです。いつも全校のみんなのことを一番に考え、力一杯頑張ってくれていた6年生、最後まで一生懸命な姿に下級生の子ども達だけでなく、私たち教職員も熱いものがこみ上げてきました。(今からこれでは、卒業式が心配です!!)最後は、全校児童による「みんなでダンス」。「USA」の曲に乗ってみんなノリノリです。「カモンベイビー、アメリカ」と歌もバッチリ。さすが大湊小の子ども達、盛り上がるときは大いに盛り上がります。ステージの6年生と、フロアーの在校生が、向かい合って仲良く踊っている姿がまた、素敵でした。
5年生にとっては、今日の会を成功させようと取り組む過程で学ぶことも多かったことでしょう。裏方に徹して動く5年生の中に、よきリーダーとしての資質が育ちつつあることを感じる事ができた楽しみな会でもありました。

卒業を前に6年生が松の植樹
2019/02/20
2月20日(水)に、6年生が卒業記念として松の植樹を行いました。
 大湊町振興会のご支援により、鷲ヶ浜に松の苗を植えるのは、今年で11回目。
 振興会の役員のみなさんが、寒い中を朝早くから準備をしてくださいました。
 初めはおぼつかない手つきでしたが、慣れてくると手際も良くなり、振興会のみなさんと一緒に1時間程で作業を終えました。卒業式まであと19日。子ども達も鷲ヶ浜松のように、しっかりと成長していってくれることでしょう。振興会のみなさま、たいへんお世話になりました。子ども達にまたひとつ小学校の素敵な思い出ができました。
 

「好きこそ物の上手なれ」
2019/02/07
2月6日(水)児童会の子どもたちが企画した「好きなこと・得意なこと集会」が行われました。日々、練習を重ねたピアノ演奏、スポ少で鍛えたバレーボールの連続パス、寒い日も欠かさず練習するサッカー、ペアで行う一輪車の演技、メキメキ腕を上げてきたこま回し、めがねを猛スピードで動かす特技、得意なイラスト紹介や学級全員で取り組んだ、長縄やダンスなど、全校児童の半数以上が参加してくれました。どの顔も緊張しながらもすごく輝いていました。その秘密は、見ている子ども達の側にありました。自分のことのように、どきどきしながら見つめる子どもたちの姿、成功すると惜しみない拍手を送り、失敗しても応援の拍手を送ります。全校の子どもたち一人ひとりが、認め合い、安心して自分を出せる仲間としての成長を感じることができた素敵な一時間でした。

 当たり前のことが、当たり前にできる!! みんなの力で学校が動く
2019/02/04
卒業式に向け、環境整備委員会の子どもたちが、11月から毎日水をやり世話をしているパンジーの花が咲き誇っています。今日の昼休みも、5年生の子が、当たり前のように水をあげています。職員室からは、「○○年の◇◇です。牛乳パックをしまう資源倉庫の鍵を借りに来ました」と、担当の子どもの声が聞こえてきます。委員の子どもたちが当番の仕事をするのは、当たり前。でも、その当たり前が子ども達自身の力でできているところが、何よりもうれしいことです。

新入児保護者説明会
2019/02/01
2月1日(金)新入児の1日入学と保護者説明会を行いました。来年度は、元気な18名の1年生を迎えることになります。子ども達には、入学までに元気な返事とあいさつができるようになっていてほしいと話しました。5年生の子どもたちが、学校内を案内してくれて、楽しい遊びを準備してくれていました。また、保護者の方々には、本校の教育活動についてお話し、入学までに準備いただくことなどをお願いしました。楽しみな春は、すぐそこまで来ています。

凧揚げ大会
2019/01/27
1月27日(日)、大湊町子どもを守る会による「凧揚げ大会」が、鷲ヶ浜でありました。
 先週作った力作の凧を持って、寒い中たくさんの親子が参加してくれました。
 親が凧を持ち、子どもが糸をもって走ります。一瞬、凧が舞い上がったと思ったら、
 落下。なかなか上手くいきません。今日は風が強すぎるようです。それでも、親子で試行錯誤している様子は、とても楽しそうで見ているほうまで温かくなりました。

土曜授業
2019/01/26
1月26日土曜授業がありした。2限目は、今年度最後の授業参観です。4年生は、二分の一成人式を行い、子ども達一人ひとりが、保護者のみなさんに感謝の気持ちを込めた手紙を読みました。5・6年生は、伊勢市教育研究所の先生を講師にお迎えして、情報モラルについて学び、保護者の方にも一緒に聞いていただきました。また、3限目は、PTA主催の奉仕作業を行っていただき、校舎中の窓ガラスがピカピカになりました。たいへん寒い日でしたが、たくさんの方が参加してくださいました。保護者のみなさま、本当にありがとうございました。

2年生研究授業「かさこじぞう」
2019/01/25
 1月25日、2年生の研究授業がありました。今日の授業は、「じぞうさまが、なぜ、二人(じい様とばあ様)にお正月にひつようなものをとどけたのでしょうか」というめあてで、話し合いが行われました。「・・・ちゃんと似ていて・・・です。」「・・・・ちゃんに付けたします」など、先の子どもの発言をよく聞き、それを受けて、自分の考えを発表していく姿がありました。また、「それは、教科書のどこからわかったの?」という先生の切り返しにも、「・・ページの・・行目に・・・とかいてあるから」と自分の考えの根拠を述べることもできていました。国語は、常に教科書の叙述に沿って読みとっていくことが基本です。そして、自分の考えを書く活動でも、全員が自分なりの考えを書けていました。

大湊保育園を訪問しました
2019/01/24
1月24日、1年生とB組のみんなで、大湊保育園を訪問しました。
こま回し、けん玉、かるた、大湊町たんけんすごろくの4つのコーナーを作って年長さんと一緒に遊びました。かるたの読み札を読んだり、こまの糸をまくところから教えたり、年長さんとの交流を通して子ども達は、自分たちの成長も感じることができたようです。

港中学校の出前授業 6年生
2019/01/23
「中一ギャップ」という言葉がありますが、小学生が中学校に進学した際、教科担任生や部活動など、学校生活や授業のやり方が今までと全く違うため、新しい環境になじみにくいケースがあります。
港中学校区の1中学校・3小学校では日頃から授業を参観しあったり、教職員の研修会を持ったりと子どもたちがスムースに中学校生活に入っていけるような小中連携に努めています。
その一環として、昨日、港中学校の先生(英語科)とALTの先生が来て、6年生に英語の授業をしてくださいました。英語での自己紹介や「あなたは〜出身地ですか?」を質問することや答え方などを教えてもらって、中学校の授業を体験しました。


6年生 租税教室
2019/01/22
 1月22日、松原税理士さんが、税金についての出前授業をしてくださいました。
 子どもたちにとって身近な税金は「消費税」だけでしたが、いろいろな種類の税金があり、様々な用途で使われ、私たちの生活が成り立っていることを教えていただきました。
また、税理士の仕事やそのやりがいについてもお話いただき、子どもたちのキャリア教育にもつながりました。  


地域のみなさんと凧づくり
2019/01/21
1月20日に大湊町子どもを守る会主催の「凧作り」が、町民会館で行われました。
たくさんの子どもたちや保護者の方が参加し、子どもを守る会の役員さんや民生委員のみなさんから凧作りを教えていただきました。最後に完成した凧をもって記念撮影。来週の凧揚げが楽しみですね。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel