親子で乗船体験
2018/08/9
地域にある「マリーナ伊勢」さんが、地元の子どもたちにマリンスポーツの楽しさを体験させてあげたいと、児童と保護者を招いて、ボートや水上オートバイの体験乗船会をしてくださいました。ボートでは、宇治山田港を出港し伊勢湾へ向かい、 二見の夫婦岩を海側から眺めることができました。また、一つ楽しい夏休みの思い出が増えました。

最後の自由水泳
2018/08/8
今年の夏休みは、猛暑が続き自由水泳が4回しか実施できませんでした。最終日の今日は、ぎりぎりセーフ。大勢の子どもたちでにぎわいました。久しぶりのプールに大歓声。監視いただいた保護者のみなさま、ご協力ありがとうございました。

学習会
2018/08/6
8月6日(月)たくさんの学年で学習会がありました。宿題のポスターを仕上げたり、ドリルやプリントをやったり、一人ひとりが自分で決めた学習に取り組んでいました。

親子星見会
2018/08/5
夜、PTA主催の星見会がありました。
  会長さんの「親子で思い出に残る楽しい行事をしよう」という呼びかけで実現しました。埼玉県にあるスターゲイズという会社の船本社長さんが、観察用の天体望遠鏡を4台も持って駆けつけてくださいました。金星・木星・土星・火星などの惑星や、アルタイルやアルビレオ・・・お天気にも恵まれ本当にきれいでした。


朝のラジオ体操
2018/07/27
大湊地区では、夏休みになると「子供を守る会」の方たちがラジオ体操をしてくださいます。子供も大人も大勢が学校の運動場に集まって一緒にラジオ体操をしています。地域のみんなで子供たちを育てていこう。そんな地域の力を感じます。

キャンプの醍醐味
2018/07/27
キャンプといえば飯ごう炊さんとキャンプファイヤー。ブロックで竈を作り、火をおこして、飯ごうでご飯を炊きました。ちょっとおこげもできて大成功。隣のかまどででは、おいしいカレーもできあがり。1班は甘口、2班は中辛。どちらも完食です。
辺りが暗くなった頃、鷲ヶ浜でのキャンプファイアーがスタートしました。火の神からいただいた火は、「優しさ」「挑戦」「友情」。一人ひとりが決意を述べました。お家の方もたくさん来てくださって、出し物の審査をしてもらったり、一緒に踊ったりしました。海に向かっての大声大会では、普段は小さな声の子が、大声を出してみんなをびっくりさせました。2日間のキャンプを通して子どもたちは自分の殻を破ってまた少し成長したようです

学校キャンプ 1
2018/07/26
6年生の学校キャンプがありました。地域のゴーリキマリンビレッジさんの支援を受けて、ヨット体験を行いました。試乗させていただいたハンザディンギーは、転覆しないヨットです。心地よい風を受け最高のヨット日和でした。
  

明日から夏休み
2018/07/26
全校のみんなが元気に夏休みを迎えることができました。4月からのがんばりを振り返るとともに、夏休み中は、何よりもかけがえのない命を守るために、交通事故や水難事故等に気をつけることを確認しあいました。
特に今年は猛暑日が続きます。熱中症にならないように
水分補給など気をつけてすごしましょう。

バスの乗り方教室
2018/07/18
伊勢市の交通政策課と三重交通の協力を得て、バスの乗り方教室を実施しました。
対象は、1・2年生。校庭のすぐ横には、バスの回転場があり、停まっているバスは見たことがあっても、路線バスに乗って出かける経験は少ないようです。整理券の取り方や、停止ボタンの押し方、バスを利用する時のルールなどを教えていただき、生活の中で利用していくことが、地域を走る路線バスの継続につながっていくことを学びました。

大湊花火大会
2018/07/13
明日は、宮川の花火大会です。大湊小学校では、本日、一日早い花火大会がありました(?)
ご覧ください!!B組の子どもたちが中心となって制作、1年生から6年生までみんなで協力して作り上げた大湊花火大会のパノラマです。みなさん、ご鑑賞ください。

パソコンを使って
2018/07/9
今日から一週間、教育研究所からICT 支援員の先生が来てくださって、担任と一緒に情報教育の授業を行います。
1年生では、パソコンを使ってのお絵かきをしました。
お題は「夏」。すいかや朝顔、氷にプール、みんな思い思いの夏を描きました。

東京オペレッタ劇場 ワークショップ
2018/07/05
文化庁が主催する「文化芸術による子どもの育成事業」の対象校として、大湊小学校が選ばれました。本公演は、10月26日(金)に行われますが、単なる鑑賞に終わらせず、子どもたちも歌でオペレッタに参加し、プロのみなさんと一緒に音楽劇を作り上げていけるようにと、ワークショップが開催されました。オペラ歌手、ピアニスト、進行役、舞台担当の4名の方が来校され、オペレッタについて、歌やクイズなどを織り交ぜながらわかりやくす説明してくださいました。マイクを使わず体育館中に響く迫力ある歌声にみんな圧倒されながらも、そのすばらしさに時間が経つのを忘れて夢中になりました。本番の舞台への子どもたちの関心も高まったように思います。

放課後かがやき教室
2018/07/02
7月2日、基礎学力の向上と自分で学習する(自学)力の育成を目的に放課後かがやき教室がスタートしました。それぞれ名前が書かれた封筒のある場所に座って、勉強を始めます。封筒には国語と算数のプリントが一冊づつ入っていて、好きな教科から自分のペースで進めていきました。既習の内容であるため、どの子も集中して取り組んでいました。

水泳出前授業
2018/06/29
6月29日(金)にベスパスイミングスクール伊勢から6名の方が水泳指導にきてくださいました。
低・高学年に分かれて2講座実施していただきました。どちらの講座も、先生方の楽しい自己紹介に始まり、4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)の師範を見せていただいたあと、低学年は、小グループに分かれて顔つけから始まる基礎水泳を、高学年は泳力別に分かれてクロールや平泳ぎを教えていただきました。子どもたち一人ひとりの課題に沿ったスモールステップでの指導は、日頃、水泳に苦手意識を持っている子どもたちにとっても、意欲的になれる楽しい時間となったようです。

絶滅危惧種1B種「ヒヌマイトトンボ」観察会
2018/06/26
5年生が、宮川浄化センターに出かけ、「ヒヌマイトトンボ」の観察をしました。
1998年から、三重県の宮川浄化センター建設にともない、生態学的調査と生息地保全が行われています。多くのトンボは、池や田んぼ、小川などに住んでいますが、ヒヌマイトトンボは、海の近くのよしの茂みの中に住んでいます。海に近いので、水の中には塩が含まれています。汽水(きすい)と言います。汽水の中でいきていけるトンボの幼虫(ヤゴ)は、ヒヌマイトトンボのほかにはないそうです。お話を聞いた後、子どもたちは保全ゾーンに移動し、実際にヒヌマイトトンボを探す活動を行いましたが、残念ながら見つかったのは、天敵の「アオモンイトトンボ」だけでした。職員の方が事前に捕獲してくださった本物のヒヌマイトトンボの雄・雌を見せてくださってみんな大満足でした。自然豊かな大湊の魅力を改めて実感しました。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel