HOMEページ
教室にコンピューターが‥。
伊勢市より各校に、授業で1人1台が使えるタブレット端末が支給されました。タブレット端末は持ち運びができるので、パソコン室に行かなくても教室など校内のいろいろなところで使えます。先週の1週間は、伊勢市教育研究所よりICT支援員が来校し、各学級や職員研修で使い方を教えてもらって練習しました。
2020年度より小学校ではプログラミング教育が必修となります。このことも見据えて本校でも、授業での有効活用を進めていく予定です。
2018/12/16

みんなで健康に!保健・給食委員会発表
かぜやインフルエンザの予防、安全安心な給食と学校にもいろいろな健康上の課題があります。学校全体としては、外部から講師をお迎えして、歯の衛生指導や食教育に取り組んでいます。また各学級でも、季節やタイミングに合わせて保健・給食指導を行っています。
しかし何よりも有効なのは、子どもたちがお互いに保健や給食の大切さを伝え合うことです。
12月10日の集会では、保健委員会が「インフルエンザの予防」について、給食委員会が「片付けのしかたについて」それぞれ発表を行いました。
どちらもクイズや解説を交えてわかりやすく発表していました。
2018/12/16

みんなやさしいお兄さん、お姉さんになる!
寒さが厳しくなり始めた12月7日、少し風は強かったのですが晴天の中、恒例の1年生と6年生のたこあげが行われました。ペアになった1年生と6年生が、同じたこを見つめながら、糸を引っぱっていました。6年生がからまった糸をほどいてあげたり、糸を引く1年生の後をいっしょうけんめい追いかけたり。1年生といっしょに活動すると、だれもがやさしいお兄さん・お姉さんになります。みんなの笑顔が本当にすてきでした。
2018/12/11

さくらさくらを演奏したよ・5年生が箏体験
音楽科・和の楽器の演奏体験として5年生が箏を体験しました。小山先生を講師に招いて、まずは箏をはじめとする和の楽器についてお話を聞きました。13本の弦で演奏する箏は、柔らかい中にも力強い音色の出る楽器です。
続いて「さくらさくら」「かえるのがっしょう」を練習。5年生の子どもたちは、しっかり話を聞いて短い時間にいっしょうけんめい練習し、上手に演奏することができました。準備や片付けも進んで手伝い、講師の先生にほめていただきました。
2018/12/04

学級園のマリーゴールドで草木染め
3年生が学級園に植えたマリーゴールドの花で草木染めを行いました。4つの班に分かれ、各班ボールに1杯ずつ花を摘みます。その花を鍋に入れて煮出すこと20分、黄色の煮汁ができました。穴じゃくしで花がらを取り除いた煮汁に染める布を入れて、さらに20分煮出します。まほうの白いこな(焼きミョウバン)を入れて染めムラの出ないようよくかき混ぜて、水洗いの後、干せばできあがり。
満開になったマリーゴールドの花は、草木染めに十分な量を確保することができます。きれいなレモン色に染まるので、ぜひ、ご家庭でもやってみてください。毛糸を染めてマフラーにしたり、白い布を染めてきんちゃく袋をつくったりしてもすてきですよ。
2018/12/01

上手な歯磨きで虫歯予防
11月22日4・5年生が、学校歯科医の長井先生と3名の歯科衛生士さんから、歯の衛生指導をしていただきました。
長井先生からは「よく噛むといいことがいっぱいある」「むし歯のでき方」のお話を聞き、むし歯をつくらないためには、@順番を決めて A磨き残しをしやすい場所を知り B歯ブラシを正しく使って、むし歯を予防することを教えてもらいました。
そのあとは歯科衛生士さんとともに、テスターで歯の汚れを確認し、歯ブラシを正しく使いながら上手な歯磨きについて実習しました。
教えてもらったことをしっかり実行し、これからも歯を健康に保ち、しっかり勉強に取り組めるといいですね。
2018/11/26

絆深める学級遊び
各学年では曜日を決めて、あるいはときどき、学級のメンバー全員で遊ぶ「学級遊び」を行っています。この「学級遊び」は、単にみんなで遊ぶというだけでなく、みんなで1つのことに取り組むことによって、互いの絆を深めるという役割もあります。お天気の良い11月。2年生、3年生、6年生が、みんなで楽しく学級遊びをしていました。
2018/11/21

学校を楽しく・児童集会で王様じゃんけん
11月5日、児童会主催で、全校王様じゃんけんが行われました。町人・家来・王様の3つの関所を、じゃんけんならぬ「アッチ向いてホイ」で突破します。しかもふつうとちがって突破できるのは、アッチ向いてホイで同じ方向を向いたときだけです。アッチ向いてホイの前には、ハイタッチをします。負けたらまたスタートに戻ります。勝った子どもたちはガッツポーズで次に進み、負けた子どもたちは、大急ぎでスタートに戻り、また最初からやり直していました。
児童会の人たちの上手な進行で、関所を突破してたくさんの人が王様に。最後には一人ひとり学年と名前を言い、拍手をもらっていました。また、活動後の振り返りも、6年生を中心にたくさんの人が手を挙げ、しっかりとできていました。
2018/11/13

展示も自分たちで!
10日の作品展に向け、どの学年でもアイデアと発想を生かして作品作りに取り組んできました。実は作品作りだけでなく、展示も大事な教育活動。前日準備では、名札をつけたり、製作の感想を書いたり、作品に込めた自分の思いをせいいっぱい伝えようとする子どもたちの姿がありました。当日は作品の出来映えはもちろんのこと、子どもたちの思いもくみ取っていただき、しっかりほめてあげていただきたいと思います。
2018/11/09

東大淀に魔女が‥。
11月1日、ハローウィーンの翌日、東大淀小にこわ〜い魔女が出現。3年教室では子どもたちが魔女からハローウィーンの由来を教えてもらったり、絵本でハローウィーンに関係のある英語を覚えたり、トリック・オア・トリートと言ってシールをもらったりしました。
この魔女の正体。実は北浜中の英語の先生、ミセス大西です。手作りのブラックウェアとメイクはすごい迫力でした。
今や子どもたちの間では、ハローウィーンがクリスマスに継ぐ楽しみとなっています。楽しみながら英語でコミュニケーションをとれるすてきな授業の1コマでした。
2018/11/01

前ページTOPページ次ページ