進修小学校緊急時の対応ページ
進修小学校緊急時の対応ページ

台風時・大雨時の警報が発令されたとき

2013/05/07

台風時・大雨時・大雪時の警報が発令されたときの児童の登下校について

1 登校前に「暴風警報」または「暴風雪警報」が発令されている場合
☆ 児童は登校させないでください。
@ 午前6時までに解除された場合は、平常どおり登校させてください。
A 午前10時までに警報が解除された場合は、
その日の1限目から4限目までの授業の用意をし、
2時間の余裕をもって登校させてください。給食は実施します。
B 午前10時から午前11時までに解除された場合は、
昼食を済ませて午後1時までに登校させてください。
その日の1限目と2限目の授業を行ないます。給食は実施しません。
C 午前11時においても警報が解除されない場合は臨時休業とします。
※警報が解除されてもなお登校に危険なことがあると判断される場合には、
自宅で待機をさせてください。その際には、学校にも連絡をお願いします。
※電気・水道、食材の搬入状況等により、
登校の対応が変わる場合があることを承知しておいてください。
※状況によっては、緊急メール等により連絡をします。

2 登校後に「暴風警報」または「暴風雪警報」が発令された場合
 原則として、直ちに授業を中止し、速やかに児童を帰宅させます。
 ただし、気象状況や通学路の状況によって安全に帰することが困難と予想されるときは、
学校で待機させてからの下校になることもあります。
 留守家庭の場合は学校待機とします。

3 登校前に「大雨警報・洪水警報」が発令されている場合
@ 登校することを原則とします。ただし、その場合は十分に安全に留意してください。
A 大雨による浸水や冠水により登校が困難な場合は、
学級連絡網・緊急メールで「臨時休業」「自宅待機」などの指示連絡を行ないます。
B 家庭の周りが、浸水、冠水で登校が危険なときは、
無理に登校させないで自宅待機させ、学校へ連絡して下さい。(欠席扱いにはしません。)

4 登校後に「大雨警報、洪水警報」が発令された場合
 原則として授業は続行しますが、予想される状況に応じて集団下校することもあります。
その際、気象状況、地域の道路の浸水状況等から判断して安全に帰宅させることが
困難と認められる児童については学校で待機し、安全を確認後下校します。
留守家庭の場合は学校待機とします。
 また、一過性の大雨警報の場合、学校で平常に授業をすることが多いと思います。
もし、ご心配であれば、学校へ連絡ください。

◎警報の範囲
三重県全域・南部地方・伊勢志摩地方・伊勢市


☆地震・津波における安全確保について 

1、南海トラフ地震に関する情報(臨時)が発表された場合
○在校中・・・・授業を中止します。保護者は児童を学校へ迎えに来てください。
 体育館もしくは運動場で確認後、引き渡します。
○登下校中・・・家に近いときは、家に帰り、学校に近いときは、学校へ来ます。
○在宅中・・・・学校は休校にしますので、児童は登校させないでください。

2、津波警報・大津波警報発令の場合
○在校中・・・・避難場所に移動し、待機します。
 〔一時待機場所は、校舎3階。必要があれば、神宮司庁頒布部(牛谷坂、桜木公園前)。
さらに、五十鈴中学校へ避難する場合もあります。〕
○登下校中・・・家に近いときは、家に帰り、学校に近いときは、学校へ来ます。

 普段から、各ご家庭で避難行動についてお子様と話し合っておいてください。
地震に関する情報が流されますと、電話が通じにくくなりますので、
連絡のとり方等についてもご家庭で話し合っておいてください。

TOPページ前ページ次ページ

-Topics Board-Skin by Web Studio Ciel- Admin

× 閉じる