5年生 デイキャンプ

2018/07/24

 7/20は5年生が校内でデイキャンプを行いました。今年の夏は暑い日が続いており、当日も大変暑い日となりました。熱中症計を準備してずっと計測を続けつつ、給水タイムやエアコンの効いた部屋での休憩をとりながらの実施となりました。幸い、ほどよい風が吹いていましたので、予定通りの内容が実施できました。飯ごうすいさんでは、みんなで力を合わせて作ったカレーがとてもおいしかったです。「おいしー」「うまい!」といった声があちこちで聞かれました。夜の集いでは、みんなで楽しくレクリエーションが行われ、最後は子どもたちのきれいな歌声が体育館に響いていました。

保健集会(熱中症)

2018/07/24

 7/12(木)に保健委員会が「熱中症に気をつけよう」という内容でミニ集会をしました。まず、友達の体調が悪くなったとき、周りの子たちができることを説明してくれました。「人を大切にする」方法を学ぶことができて良かったと思います。また、熱中症にならないために、4つの大切なことについても、分かりやすく発表することができました。熱中症にならないために大切なことは、@よく寝る。A朝ごはんを食べる。B帽子をかぶる。C水分をこまめにとる、だそうです。今年の夏は特別に暑いので、十分気をつけたいものです。

交通安全教室

2018/07/10

 7月6日(金)に伊勢警察署や交通安全協会の方たちにご協力いただき、交通安全教室を実施しました。今年は、「交差点で飛び出しをしない」ということをメインテーマとして、全学年を対象に、講話やDVD視聴などをしていただきました。
 4・5・6年生は、自転車クイズで「自転車に乗るときにしてはいけないこと」について学習しました。分かりやすい内容もありましたが、自転車も車両の仲間であること、歩道を走る時は歩行者優先、飲酒運転禁止等のことを丁寧に教えていただきました。続くDVD視聴では、ルールを知っていても急いでいたり油断をしたりすると事故につながること、小学生が運転する自転車でも歩行者を傷つけてしまうことがあることなどを学びました。
 1・2・3年生も、自転車クイズの後、DVDを視聴し「飛び出しは絶対にだめ」ということをあらためて学習しました。その後、2・3年生は、地域の見通しの悪い交差点に出向き、警察官の方の指導のもと、どこが危ないか、どこで一旦停止をしなければいけないのかを教えていただきました。小雨が降る中でしたが、危険な場所を覚えて自分の命を守る行動ができるように、真剣に学習できたと思います。(1年生は日を変えて、現地に行く予定です。)
 指導に来ていただいた警察の方からは、「みんな静かに話が聞けてとてもいい態度ですね。」とほめていただきました。今回学んだことを忘れずに、いつでも安全に通行できるようになってほしいです。

PTA救急法講習会

2018/07/10

 伊勢総合病院から講師さんを招き、体育館で救急法の講習会を行いました。いざというときに少しでも落ち着いて行動できるように、こういった講習会は重要な機会となります。講習会では、救急車を待つ間の数分間に胸骨圧迫や人工呼吸をすることで救命率が高くなることや、AEDは音声ガイドに従って処置するだけで救命率を上げることができること等について知り、そのやり方について一人ひとりが体験・練習することができました。お忙しい中、またとても暑い中、参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました

下水道の仕組みを学ぶ(4年生)

2018/07/10

 4年生が、伊勢市役所の方たちに来ていただき、下水道のしくみについて学習する「出前授業」をしました。伊勢では、どのように水をきれいにしているのかについて、説明を聞きました。また、水のきれいさをチェックするミニ実験も体験することができました。

TOPページ前ページ次ページ

-Topics Board-Skin by Web Studio Ciel- Admin

× 閉じる