緊急時の対応

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
地震津波の警報等が発令された場合
2018/04/10

地震津波の警報等が発令された場合の避難について
地震津波の警報等が発令された場合、お子さまの安全確保について、下記のことを読んで行動していただきますようお願いします。

地震発生
・在校中……避難行動、避難場所(学校)で待機
・登下校中…避難行動、家に近い場合は速やかに家に戻り、学校が近い場合は、学校へ行く     
・在宅中……保護者の判断

地震津波警報発令
・在校中……避難行動、避難場所(学校)で待機  〔避難場所は校舎3階〕
・登下校中…避難行動、速やかに学校へ行く     
・在宅中……保護者の判断

警報解除
・学校で待機している場合は、学校で保護者等へ引き渡す。
 なお、東海地震については、下記のように対応します。

東海地震観測情報
東海地域の観測データに異常が現れているが、東海地震の前兆現象の可能性については直ちに評価できない場合や、地震現象について東海地震の前兆現象とは直接関係ないと判断された場合等に発表される情報です。
 ・学校……平常通り

東海地震注意情報
東海地震の前兆現象の可能性が高まったと認められた場合に発表される情報です。これを受け準備行動開始の意志決定等の対応がとられます。
・在校中……授業の中止、学校で保護者等に引き渡し 
・登下校中…家に近い場合は速やかに家に戻り、学校が近い場合は、学校へ行く
・在宅中……保護者の判断 

地震予知情報
東海地震が発生するおそれがあると認められた場合に発表される情報です。これを受け「警戒宣言」発表等の対応がとられます。

警戒宣言発令
・在校中……授業の中止、学校で保護者等に引き渡し 
・登下校中…家に近い場合は速やかに家に戻り、学校が近い場合は、学校へ行く
・在宅中……保護者の判断 

普段から、ご家庭で避難行動について話し合っておいてください。

暴風警報等における児童の登下校について
2018/04/10

暴風警報等における児童の登下校について                        

 警報発令中の対応について下記のように定めていますのでお知らせします。


☆  警報の範囲 「三重県全域」、「伊勢志摩地方」など、「伊勢市」が含まれる範囲

☆  警報の種類  暴風警報


1 午前7時に暴風警報が発令されている場合
☆ 児童は登校しなくてよい。(自宅待機)
☆ 午前11時までに解除になった場合
被害状況、通学路の安全に注意して、解除後2時間の余裕を持って登校させてください。1限目の教科から授業を行います。但し、午前10時以降の解除の場合は、給食がありませんので、昼食を食べてから午後1時までに登校させてください。
☆ 午前11時を過ぎても解除されない場合
児童は登校しなくてよい。

2 児童の登校後、始業後に暴風警報が発令された場合
☆ 原則として、授業を中止し、帰路の安全を確かめて速やかに下校させます。
☆ しかし、台風の中心位置、進行方向、速度、発令時における気象状況、地域の道路・浸水等の様子から児童を下校させることが安全でないと判断した時は、学校に待機させ、保護者と連絡をとりながら措置をします。

3 高潮・波浪・大雪・大雨・洪水注意報または警報が発令された場合
登校が危険なときは、その都度、適切な措置(自宅待機の放送等)を講じます。

4 「自宅待機」他、緊急な連絡については、豊浜東小学校緊急メ−ルで連絡します。  

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -