緊急時の対応

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ
第2回 校内避難訓練
2017/12/15

12月14日(木)今年2回目の避難訓練を行いました。
 9:00「訓練、訓練です。」の放送の後、緊急地震速報が流れました。「ビー、ビー、ビー(警告音)、震度5強の地震が来ます。18秒後・・(ピピピ、ピ ピ ピ・・)10.9.8.7・・・0」「それぞれの場所で自分の安全を確保しなさい。次の指示が入るまでは、揺れているものと考えます。地震です。地震です。」の放送を聞くと、子どもたちはすぐに机の下にもぐりました。今回は放送機器が壊れて使用できないことを想定して、拡声器で、「地震はおさまりました。速やかに運動場へ避難しなさい。」という指示をしました。それを合図に、子どもたちは一斉に運動場に集合しました。今回の第1次避難場所への移動完了時間は1分53秒。5月31日の訓練より、10秒早く集合することができました。移動中はおしゃべりもなく集中して訓練を行うことができた子どもたちでした。屋上への避難もスムーズに行うことができました。
地震はいつ起こるかわからない、突然の地震に際して自分の命をきちんと守れるようにするには、災害時にどう行動したらいいかを自分で考えることができること、訓練は体全体で避難の方法を体験する非常に大切な機会であることを確認し、今日の訓練を終えました。

H29年度 第1回避難訓練 5月30日
2017/05/31

本年度初めての避難訓練を実施しました。最初の避難訓練ということもあり、事前に各クラスで実施日と時間を連絡したり、避難方法について指導をしたりしました。緊急地震速報の放送の後、それぞれが身を守る姿勢をとった後、避難を指示する放送を聞いて、第1次避難場所(運動場)に移動しました。2分3秒で全員がサッカーゴールの前に集合することができました。その後、津波を想定して屋上に避難しました。「どうして、学校では避難訓練をするのでしょう?」屋上でそう話しかけると、「地震がきたとき、助かるように。」「津波が来るといかんから。」「命を守るため。」・・・・・低学年もしっかり自分の意見を言うことができました。「避難する時の合い言葉は何だったですか?」そう尋ねると、すぐに「お・は・し・も です。」と3年生が答えてくれました。その一つずつを確認した後、「今日の避難訓練で、『お・は・し・も』の約束の中で、一番みんなががんばらないといけないのは何でしょう?」と聞くと、「『しゃべらない』です。」と答えてくれました。みんな客観的に自分たちの姿を見ることができるようです。次回の訓練では、「しゃべらない」を徹底することを確認し合いました。

第3回 避難訓練 1分7秒
2017/02/17

10時15分。「訓練です。訓練です。ビー、ビー、ビー。震度5強の地震がきます。18秒後、10,9,8,7・・・・」「次の指示があるまでは、揺れていると考えます。それぞれの場所で自分の安全を確保しなさい。」の放送があると、運動場で遊んでいた子どもたちは一斉に中央に集まり、団子虫のポーズをとりました。次に「揺れがおさまりました。大きな津波が発生したという情報が入ったので、今回は運動場には集合せずにすぐに屋上に避難しなさい。」との放送を聞くと、校舎内にいた子どもたちは階段を使って屋上まで避難しました。運動場の子どもたちは津波階段を迅速に上りました。途中、津波階段は少し揺れました。「階段が動いとる。こわい。」そんな声が低学年の集団の中から聞こえてきました。不安そうに階段を上る低学年の手をとって、一緒に屋上まで移動する高学年の姿もありました。移動を指示する放送があってから、全員が屋上に整列するまでにかかった時間は1分7秒。今までの訓練をいかすことができた訓練となりました。屋上で二つのことを確認しました。@「天災は忘れたころにやってくる」いつでもしっかり対応できるようにこれからも訓練に真面目に取り組む。A学校にいるときに災害が起こるとは限らない。近くに大人がいなくても、自分の身は自分で守るために、よく考え、行動できるようになる。このことを常に忘れず学校生活を送らせたいと思います。

第2回避難訓練 2分19秒
2016/09/30

 9月30日に第2回目の避難訓練を行いました。今回は事前に訓練の日時を知らせずに休み時間に実施しました。子どもたちは地震を知らせる放送と同時に、教室にいる子は机の下に素早く身を隠し、運動場で遊んでいる子どもたちは高学年の誘導のもと、運動場の中央でダンゴ虫のポーズをとるなど、迅速な行動・対応ができていました。運動場に全員が集合するまでの時間は2分19秒で前回よりわずかに遅くなりましたが、事前予告なしということを考えると、子どもたちはしっかりと行動できたのではないかと考えます。「天災は忘れたころにやってくる。」そのことをしっかり心にとめ、「自分の命は自分で守る」ことを最優先に、いつかくるであろう地震・津波に備えたいと思います。また、「もしも家族が離れてしまったらどこに集まるか」「家族とどう連絡を取るか」など、ご家庭でもお話をしていただくようお願いします。

第1回 避難訓練 2分16秒
2016/05/31

 5月31日(火)今年度初めての避難訓練を行いました。今回は地震とそれに伴う津波の発生を想定したもので、避難指示の放送から、全員の避難完了確認までの所要時間は2分16秒でした。子どもたちは真剣に訓練を行うことができました。その後、場所を屋上に移動し、防災についての話をしました。子どもたちには、「自分の命は自分で守る」ことについてと、避難する時の注意として「おはしも」について話しました。「天災は忘れたころにやってくる」と言われています。日頃からの心構えが大切ですね。ご家庭でも話し合って、防災意識を高めましょう。
「お」・・・押さない
「は」・・・走らない
「し」・・・しゃべらない
「も」・・・もどらない

地震津波の警報等が発令された場合
2017/04/10

地震津波の警報等が発令された場合の避難について
地震津波の警報等が発令された場合、お子さまの安全確保について、下記のことを読んで行動していただきますようお願いします。

地震発生
・在校中……避難行動、避難場所(学校)で待機
・登下校中…避難行動、家に近い場合は速やかに家に戻り、学校が近い場合は、学校へ行く     
・在宅中……保護者の判断

地震津波警報発令
・在校中……避難行動、避難場所(学校)で待機  〔避難場所は校舎3階〕
・登下校中…避難行動、速やかに学校へ行く     
・在宅中……保護者の判断

警報解除
・学校で待機している場合は、学校で保護者等へ引き渡す。
 なお、東海地震については、下記のように対応します。

東海地震観測情報
東海地域の観測データに異常が現れているが、東海地震の前兆現象の可能性については直ちに評価できない場合や、地震現象について東海地震の前兆現象とは直接関係ないと判断された場合等に発表される情報です。
 ・学校……平常通り

東海地震注意情報
東海地震の前兆現象の可能性が高まったと認められた場合に発表される情報です。これを受け準備行動開始の意志決定等の対応がとられます。
・在校中……授業の中止、学校で保護者等に引き渡し 
・登下校中…家に近い場合は速やかに家に戻り、学校が近い場合は、学校へ行く
・在宅中……保護者の判断 

地震予知情報
東海地震が発生するおそれがあると認められた場合に発表される情報です。これを受け「警戒宣言」発表等の対応がとられます。

警戒宣言発令
・在校中……授業の中止、学校で保護者等に引き渡し 
・登下校中…家に近い場合は速やかに家に戻り、学校が近い場合は、学校へ行く
・在宅中……保護者の判断 

普段から、ご家庭で避難行動について話し合っておいてください。

暴風警報等における児童の登下校について
2017/04/10

暴風警報等における児童の登下校について                        

 警報発令中の対応について下記のように定めていますのでお知らせします。


☆  警報の範囲 「三重県全域」、「伊勢志摩地方」など、「伊勢市」が含まれる範囲

☆  警報の種類  暴風警報


1 午前7時に暴風警報が発令されている場合
☆ 児童は登校しなくてよい。(自宅待機)
☆ 午前11時までに解除になった場合
被害状況、通学路の安全に注意して、解除後2時間の余裕を持って登校させてください。1限目の教科から授業を行います。但し、午前10時以降の解除の場合は、給食がありませんので、昼食を食べてから午後1時までに登校させてください。
☆ 午前11時を過ぎても解除されない場合
児童は登校しなくてよい。

2 児童の登校後、始業後に暴風警報が発令された場合
☆ 原則として、授業を中止し、帰路の安全を確かめて速やかに下校させます。
☆ しかし、台風の中心位置、進行方向、速度、発令時における気象状況、地域の道路・浸水等の様子から児童を下校させることが安全でないと判断した時は、学校に待機させ、保護者と連絡をとりながら措置をします。

3 高潮・波浪・大雪・大雨・洪水注意報または警報が発令された場合
登校が危険なときは、その都度、適切な措置(自宅待機の放送等)を講じます。

4 「自宅待機」他、緊急な連絡については、豊浜東小学校緊急メ−ルで連絡します。  
また、可能な限りJA伊勢豊浜東店トランペット放送をお借りして放送します。

暴風警報解除の際の給食について
2015/04/10

 暴風警報が11時までに解除になったときは、登校しますが、10時以降の解除ですと、給食の用意が間に合いませんので、給食はありません。したがって、昼食をすませて、午後1時までに登校するようにしてください。10時までに解除になった場合は、給食があります。
 しかし、状況によっては(食材が届かない・停電等)給食が用意できないこともありますので、ご理解ください。
 また、警報は解除されても、通学路が危険な状態の場合は、臨時休校することもあります。児童の安全最優先で判断させていただきます。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -