【今日の給食】編集
 
毎日の献立をのせています。
2018年
12月
 2018年12月17日(月)   
むぎごはん、手作りつくだ煮、さばのたつたあげ、こふきいも、大根のおかか煮、牛乳

大根のおかか煮は、度会町でよくつくられている料理です。大根をかつおぶしといっしょに煮ました。大根は、冬が旬の野菜です。根っこの白い部分は、かぜをひきにくくしてくれるビタミンCがたくさん入っています。
▲top
 2018年12月14日(金)   
あげパン、ぶた肉の紅茶煮、ゆでやさい、キャベツスープ、牛乳

今日の献立は、あげパンです。いつものコッペパンを油でカリッとあげて、きなこをまぶしました。きなこは、大豆を粉にしたもので、からだをつくるもとになるたんぱく質がたくさん入っています。ひさしぶりのあげパンを、味わって食べてほしいです。
▲top
 2018年12月13日(木)   
むぎごはん、こうや豆腐のたまごとじ、切り干し大根の和風サラダ、牛乳

今日は、こうや豆腐のたまごとじです。こうや豆腐は、豆腐を凍らせて乾燥させたもので、水などで戻してから食べます。豆腐と同じ、からだをつくるもとになるたんぱく質がたくさん含まれています。また、骨や歯を丈夫にするカルシウムもたくさん含まれています。
▲top
 2018年12月12日(水)   
むぎごはん、ひじき入りとりつくね、ミニトマト、みそ汁けんちん、牛乳

給食のミニトマトは、伊勢市小俣町産です。トマトの赤い色はリコピンと呼ばれる成分で、生活習慣病や老化を防止してくれるはたらきがあります。1こだけのミニトマト、残さず食べてほしいです。
▲top
 2018年12月11日(火)   
むぎごはん、いわしのかんろ煮、じゃがいもの煮もの、みかん、牛乳

いわしは漢字で書くと、魚へんに弱いと書くように、陸に挙げるとすぐに弱って、傷みやすいのが特徴です。いわしのあぶらには、頭をよくするDHAやEPAが入っているので、しっかり食べてほしい魚のひとつです。今日は、骨ごと食べることができる甘露煮にしました。
▲top
 2018年12月10日(月)   
しぐれ煮ごはん、あらめの煮もの、こまつなのすまし汁、牛乳

あらめは、伊勢志摩地方の特産物で、三重県の生産量が、全国の生産量のほとんどを占めています。見た目はひじきと似ていますが、昆布の仲間です。今日は、細かくきざんだきざみあらめを煮ものにした、志摩市の郷土料理を取り入れました。
▲top
 2018年12月7日(金)   
ツナカレースパゲティ、ブロッコリーサラダ、牛乳

今日は、「みえ地震対策の日」です。伊勢市の給食では、非常のときに備えて、レトルトのカレーを用意しています。今日は、非常のときの練習のため、スパゲティにそのカレーをかけて食べます。
▲top
 2018年12月6日(木)   
むぎごはん、かつおと大豆のごまみそあえ、ゆでキャベツ、かんとう煮、牛乳

厚あげは、とうふを厚く切って水を切り、油であげたもので、生あげとも呼ばれます。大豆からできたとうふでできているので、からだをつくるもとになる、たんぱく質を多く含んでいる食べものです。かんとう煮の具に、厚あげが入っています。
▲top
 2018年12月5日(水)   
ちゅうか飯、もずく入り卵スープ、りんごのゼリー

もずくは、海そうの仲間で、独特のぬめりがあるのが特徴です。おもに温かいところに育つので、日本では沖縄でたくさんとることができます。酢の物で食べることが多いですが、今日は、スープに入れました。
▲top
 2018年12月4日(火)   
むぎごはん、マーボーどうふ、ビーフンのごまソースサラダ、牛乳

ビーフンは、めんのように細長い形をしていて、見た目は春雨と似ています。春雨は、緑豆(りょくとう)やジャガイモなどのでんぷんからできていますが、ビーフンあうるち米から作られていて、ライスヌードルとも呼ばれます。今日は、ビーフンをサラダにしました。

▲top
 2018年12月3日(月)   
むぎごはん、さけのしおやき、こふきいも、のっぺい汁、牛乳
▲top
CGI-design