緊急時の対応について

 

台風等警報発令時の対応
(1)始業前に「特別警報」「暴風警報」が発令された場合
 @生徒は、自宅待機とします。特に「特別警報」の場合、ただちに「命を守る行動」をとってください。
 A午前11時までに警報が解除された時は、2時間程度の余裕を持って授業を行います。通学路の安全を確かめて登校させてください。
 B午前11時を過ぎても、警報が解除されない場合は、その日を休校(臨時休業日)とします。

(2)始業前に「大雨警報」「洪水警報」「大雪警報」等が発令された場合
 @授業を実施しますが、通学路の状況によっては登校を取りやめるなど、安全確保に努めてください。「自宅待機」をする場合は、学校に連絡をしてください。
 (倉田山中学校 22−9415)

(3)始業後に「暴風警報」が発令された時
 @原則として授業を中止し、生徒を帰宅させます。
 A気象状況や通学路の状況により安全に帰宅させることが困難と認められる場合は、学校に待機をさせ、安全を確かめてから帰宅させます。

(4)始業後に大雨・洪水・大雪警報が発令された時
 @状況によっては、上記(3)に準じた対応をすることがあります。

(5)自然災害等により、浸水やがけ崩れなど通学路に危険が生じる場合の対応
 @登校の際に学校からの連絡がなくても、保護者の方々で「登校」するか「自宅待機」をするかの判断をしていただき、安全確保に努めてください。

※自宅待機又は休校(臨時休業日)とした場合、生徒は原則として自宅学習とします。
※保護者の判断で「自宅待機」をさせた場合、欠席・遅刻の扱いとはなりません。
※警報の適用地域:三重県全域、三重県南部(伊勢志摩地方) 

大規模・突発性地震発生時の対応
 この地域は、東海・東南海・南海の3つの地震が連動して発生した場合、東日本大震災並みの強い揺れとともに巨大津波の襲来が予想されます。倉田山中学校は市内の高い場所にあり、十分に安全なところと考えられますので、生徒の安全確保について次のように対応いたします。
 もちろん、地震及び災害はいつどこで起こるかわかりません。「自らの安全は、自ら守る」ことをしっかりと身につける意識を常に心がけてください。 

(1)東海地震注意情報(地震の前兆現象の可能性が高まった場合)、東海地震予知情報(地震が発生する恐れがあると認められ、「警戒宣言」が発せられた場合)が発令されたとき
 @授業中に発令された場合は、原則として授業を中止し、学校で待機させます。(保護者の方が迎えに来ていただくか、生徒が自分で帰宅するか等を、あらかじめ話し合っておいてください。)
 A在宅時に出された場合は、休校(臨時休業日)とし、保護者で避難等の対応をしてください。

(2)地震津波警報が発令されたとき
 @授業中に警報が発令された場合は、原則として警報が解除され安全が確認されるまで学校で待機させます。
 A在宅時に出された場合は、自宅待機とし保護者で避難等の対応をしてください。

(3)授業中に大規模地震が発生した場合は、学校で待機させます。

※ご家庭でも、地震発生時の生命・身体の安全確保のため的確な対処が出来るように、『避難の約束』、『連絡の方法』、『避難場所』の確認など、話し合いをしておいてください。
※各種情報は、伊勢市の広報でも放送されます。
※上記は、基本的な対応方針です。その時々の状況に応じて、学校から連絡文書等を出す場合があります。その場合は、連絡文書を優先してください。

TOPページ前ページ次ページ

-Topics Board-Skin by Web Studio Ciel- Admin

× 閉じる